ま総研2000(まどの総合研究所ver.5.1)

みんながみんなその物事に興味があると思っちゃいけないよという精神で綴る備忘録

Money = Work / Knowledge を別視点で見るの回(過去記事再編)

   

2005年05月24日に書いた記事の再編である。ここでは、外国ジョークであるところの、

Joke Index:Proof for Knowledge, Power, Time, Work and Moneyの式6であるところの、

Money = Work / Knowledge を別視点で見てみようとしたときの記事である。

まずは、前提となるところを考える。

Time is money. (時は金なり)
Knowledge is power. (知識は力である)
から、

Time = Money (*)
Knowledge = Power (**)

として、

物理法則から、仕事率(Power)は単位時間当たりに出来る仕事(Work)なので、

Power = Work / Time (***)

と導き出す。ここで、言葉の定義を混同させているところが、この話のキモっていう無粋な話はおいておいて、これらの式から次の関係式が導きだされるよね。

Money = Work / Knowledge

仕事がどうあれ、知識ゼロに近づけば近づくほど、お金が無限に得られちゃうよね。要は、頭が悪い方が銭は手に入るよね的な話なんだけれども、これを別視点で考えちゃえっていうのが、今回の話なのであった。

そう、これはあくまで給与を得ている側の話。経営者側から見るとどうなるのかっていう話だ。

1.知識が多い人を雇えば、仕事に対する費用は安くつく
2.知識が多い奴に多く対価を払えば、より大きな仕事もできる

でも、現状(2005年)において、1は適用されているかもしれないけれど、2は適用されていないよねと、次に書く3になっちゃっているよねと結論付けていた。

3.人材の知識ではなくて設備投資にお金をかけることによって、より大きな仕事をする。

金は経費には回るけれど、労務費には回らないよね…なーんてことを書いていた。

技術畑の人間が泣く時代やねえ、日本を脱出できるぐらい能力がある人はいいけどさあ…的なことを書いていたわけだ。

そして、数年後どうなったかっていうと、今の第2次産業の感じを見ると…なかなか感慨深いものがあったりするのだった。

PR2

 - 過去記事小ネタ