ま総研2000(まどの総合研究所ver.5.1)

みんながみんなその物事に興味があると思っちゃいけないよという精神で綴る備忘録

ドラゴンクエスト1のプレイメモ4 ネタバレ成分含む

      2013/12/17

ドラゴンクエスト1のプレイメモ3の続き。いつも通り、iPadで操作しているよということで、スタート。

再びメルキドへ

前回の続きから、メルキドへ再出発。紙のメモに書いた通りに、ここに記してみると、「メイジキメラは初手ラリホーが来たら嫌。メタスラすぐ逃げやがる。スターキメラは火の息が痛いのでラリホー使う。ドラゴンは怖いのですぐ逃げた」

とにかく、敵を対処するのに一苦労といった感じである。なお、大きなダメージを受けた際のフィールド上での回復については、前回買いだめした薬草を優先的に使用した。

メルキドに到着に入ろうとすると、門番さんに遭遇。一定の処置をして道を通してもらった。この道中でレベル15へ。トヘロスを覚えた。

メルキドにて、北西に預かり屋さんを発見。城下町で預けていた道具ですら引き出すことができるという、無駄にオーバーテクノロジーな世界なのね。

タンスなどから守りの種、不思議な木の実、鍵を頂きつつ、とある武器屋へ。みかがみの盾狙いではあるけれど、あと5000G足りない。

メルキド周辺で修行

仕方が無いので、メルキド周辺でウロウロモードへ。もしかしたら、スピードを考えると、リムルダールの南あたりのゴールドマンから、いただいちゃう方が速いのかもしれないけれど、レベル上げの目的もあるからさあ…

ここで出会った敵さんたちの対処法としてメモに書いたのは、「ドラゴンは20ダメージ覚悟で通常攻撃しておけば、だいたい2発で沈む。キラーリカントはとりあえずラリホー。だいまどうは初手マホトーンで封印。スターキメラはラリホー」

町の周りを動くだけなので、別にMPの心配はしなくていいので、呪文使い放題の戦い方でいいのだ。とウダウダしているうちに、レベル16。基本的には順調なのだが、たまに、だいまどうに対してマホトーンが数ターン連続して外れたあげく、倒されかけるということもあった。

メルキドの面々の台詞を聞きつつ、みかがみの盾を購入して、一旦城に帰還した。

砂漠の光源

メルキドの人間のセリフを聞いたところで、晴れてドムドーラの謎の光源を取りにいくことにした。トヘロスを使いながら移動。

色々と移動する中で、あくまのきしに遭遇。ラリホーを食らって、少し危ない状況になりかけたが、どうにか倒す。そして、謎の光源ゲット。一度、城に戻る。謎の光源の力を見せびらかすために、メルキドの南にいるバリア爺さんのところにバリアフリーで行くことを決意する。

トヘロスでは封印できない虚弱体質

トヘロスを使いつつ、メルキドへの道を進もうとするも、キメラですら封印できない状態。メイジキメラも、しりょうのきしも無理。どんだけ、わしゃ弱いんじゃあ。なんだかんだでレベル17。ベホイミを覚える。すばらしい。

そして、例のバリア爺さんの話を聞いてみた。その話はわかったけれど、もしかして、自分で方眼紙にマップをかかないといけないのか? なんという恐ろしいゲームだ。メルキド周辺でウロウロして、炎の剣を購入した。もう、店売りでこれ以上強くなることはないのかもしれない。これは困った。

噂をばらまく勇者の子孫

さて、ここで、私は今までそこまで深く探っていなかった某所へ行くことにした。まあ、バレバレではあるけれど。その道中、道を塞いでいた奴に話しかけて喧嘩をしてみた。どうも、いつもよりお固い雰囲気ではあったけれども、無事分かってくれたようだ。

その先で遭遇した人と会話。会話の中で、なんど「いいえ」を選択しても、「そんなひどい」を連発する困ったさん。そうやって、何でも思い通りにしてきた人生なのだろう。こいつは。その腹いせに、リムルダールで1泊。

ついでに、その後すぐ、リムルダールの南のほこらに行ってみるも追い返された。旅の途中で、しれっとお楽しみしちゃうのは、勇者のしるしとは認められないようだ。

さらにマイラで1泊するとともに、温泉にて20G支払ってみたりする。そして、ガライでも1泊。おまけに城下町で、話しかけてついてきた人とともに1泊。どうやら、わざわざこの時だけセリフが変わるということは無いようだ。

世間の皆さんに、お楽しみにされた噂を広めつつ、城に到着し、王様の元へ。(さすがにメルキドまで行ってお楽しみするのは面倒なのでやめた)

ここで、大きな荷物を手に入れたところで、その荷物を使いつつ、某所にて、某アイテムゲット。大きな荷物をとっとと預かり所にあずけて、再び、王様の元に行って、今回は終了。

とりあえず、書き溜めていたメモ書きはここぐらいまでなので、また、時間があればゲームを続行する。

(2013年12月17日追記)
プレイメモ5を書きました。とうとうあの最深部まで行きましたというお話。

PR2

 - DQ