ま総研2000(まどの総合研究所ver.5.1)

みんながみんなその物事に興味があると思っちゃいけないよという精神で綴る備忘録

ドラゴンクエスト1のプレイメモ6 ネタバレ成分含む

   

ドラゴンクエスト1のプレイメモ5の続き。多分、今回で最終回。iPadで操作している。気分が乗れば、メモ7もやるかもしれないし、例の2,800円ゲームをするかもしれないし、そこらへんは流動的。

最後の身支度

城からのスタート。城下町で聖水を3つもって出発。リムルダールへ行く。そして、道中の疲れを癒すため、さらに最後の戦いに挑むために宿をとったのだが、どうも、体調が芳しくない。どうやらうなされていたらしく、宿屋の主人にも心配される始末だったので、もう一泊することにした。

そして翌朝。改めて身支度を整えてみる。盾はメルキドで購入したみかがみさん、鎧は拾い物、竜のウロコに、謎の洞窟で手に入れた謎のアイテム(未だに何の効果があるのかは知らない)、そして、武器として、今、手に握られている拾い物。そういえば、ここまでで、聖水を2個ほど使用していたようで、手元にあるのは聖水1個と薬草6個と鍵4個。これだけあれば大丈夫だろう。ということで出発。

あの方に会うまでの道のり

聖水を使いつつ、対岸の城へ。なお、現状では、対岸の城周辺の敵は抑えられないようだ。城の中。まずは西から回って某所から地下1階へ。B1Fは外周ぐるぐるルートで南エリアで北の道にスイッチするとB2用階段。

地下2階は、まず西、三叉路は北へ。北エリアを東に行き、あとは南をずっといってB3へ。降りた階段から東の道を行った後、北西の階段へ行くことにした。そういえば、B3に降りた直後の階段から西へ行くと宝箱があった気がする。一度もそこに行ったことがないのにそんな気がするのは何故だろう。

B4Fはひとまず、東に向かってから、柱付きの北東エリアへいき、あとは道なりに進んでいくと、とうとうあの方が登場。前回は、目の前でリレミトをしたのでさぞや驚いたことだろう。えーと、ここまででレベルは21。いつの間にか前回から2つほど上がっていたようだ。そんなに多く敵と戦った覚えはないのだが。

最深部でのボコスカウォーズ

そして、あの方と交渉タイム。ケチケチするな全部くれということで、残念ながら交渉決裂。拳と拳のぶつかり合いで分かり合うことにした。

ただただ拳をぶつけつつ、体力が減ったらベホイミという地味な格闘が始まる。こっちが受けるダメージはだいたい現状で30ぐらい。現状で先攻はこっちになるので、回復のタイミングは楽ではあるが、相手も同じ戦法を使うので、どうも調子が出ない。どこのミラーナイトさんだ。

結果、中途半端に怪我した状態で勝利。すると、今度は100%の力で戦ってくれるらしい。どこの戸愚呂(弟)さんだ。連戦。現状で、最大ダメージが激しい炎で51になっていた。ただ、今回は、たまに先攻されてしまうこともあるので、回復のタイミングが早めになってしまいちょっと面倒だ。

今回、こっちは小細工なしで打撃と回復で戦っているので、まさか相手がただのローテーションで攻めてきているだけってことはないだろうと思いつつ、とくにメモを取らずにちまちまと戦い続ける。結果、勝利。どうやら、拳と拳のぶつかり合いで相互理解が深まったようだ。

拒否権の無いエンディングなんて…そんなひどい

無事、平和的な解決ができたところで、凱旋。色々と町を巡りつつ、最終的には城へ。そして、色々なことを拒否しつつも、受け入れて終了。ありがとうございました。

今後の展望?

今回、ドラクエ1を取り急ぎ(特に急いでいない)をやってみたわけで、もしかしたら次回から、やったことのない8の世界に行くかもしれないし、1を再びやりだすかもしれない。そこは流動的であると書いたのは冒頭でも同じ。

ただ、再び1をやりだす場合のことを考えて、今回のプレイ内容を通じての方針をメモ書きにしたものを綴っておく。

初手で武器はたけざおのままでいい。防具や道具は再考が必要かもしれない。(1回目は布の服と竜のウロコを購入した)

レベル4でギラを覚えた段階で、マイラ周辺でギラゲーで行けそう。このレベル4になるまでの、狩りのスピードが速くなってほしいが、城近辺で一番マシなゴーストさんでも経験値4程度なので、どうにかならないものなのか。

鉄の斧を買えばギラゲー卒業。さらにくさびかたびらがあれば、レベル9ならリムルダールには十分行ける。もしかしたら、レベル7あたりのラリホーぐらいでも、リカント相手に眠らせる方法を使っていけば行けるのかも。

レベル10のマホトーンを覚えたあたりで、謎の洞窟や墓探索をしていたというのは、多分、そのままでもよさそう。ここで鉄の盾やキーアイテムを拾うことにする。

銭はゴールドマン任せにして貯めて、鋼の剣、魔法の鎧(or 鋼の鎧)、みかがみの盾を買える分は確保したい。正直、炎の剣は使い物になっていたかどうかは不明。だいたいレベル12ぐらいでゴールドマンと対戦していたけれど、もっと少ないレベルでいけちゃうのだろうか。

例の道を塞ぐ敵たちは、やけに経験値が高いようなので、積極的に狩りたい。門番はレベル15、守っている面々はレベル16あたりで倒した。門番は到着すればこっちのものだけど、守っている面々に対しては、もっと低いレベルで戦えるのだろうか。

ラスボス相手には、少なくともベホイミ(レベル17)が必要。これは対岸の城を、アイテム拾いのついでに動き回っていればどうにかなりそうではある。

さて、どうしよう。

PR2

 - DQ