ま総研2000(まどの総合研究所ver.5.1)

みんながみんなその物事に興味があると思っちゃいけないよという精神で綴る備忘録

円グラフを見るときは油断は禁物です 窓野総研 第92回

   

暇だったので、某下着メーカーのカップデータを、エクセル2007に打ち込む事にした。

ただ、このデータは2006年2月8日のエキサイトニュース:日本女性のブラジャーの平均サイズは?(Excite Bit コネタ) - に載っていたものである。トリンプ調べとは書いてあったけれども、私にとっては2次情報なので、確からしさは知らん。

その記事の中で、カップの編年の推移データが出ているんだけど、2004年のデータに注目すると、Aカップ10.2%/Bカップ27.8%/Cカップ27.8%/Dカップ21.5%/Eカップ10.0%/F2.1%/Gカップ0.6%という割合になっていて、最近はBとCが拮抗しているんだよっていう話になっているようだ。。

このデータを円グラフにして、グラフの基線位置313度回転を施したものが図1である。

円グラフ1

BとCで拮抗しているよねっていうのが、パッと見で分かる感じだ。まあ、円グラフ自体、実はあまり良いグラフではないらしいっていう話は、ひとまず目をつぶるとして…

さらに、これを踏まえて、3D円グラフにして、高さ20%、透視投影20°で調整したのが、図2である。

円グラフ2

BとCは同じパーセンテージであるにも関わらず、どうみてもCの方が大きく見える。(あくまで図の話)なんなら、BとDを見比べても、Dの方が大きく見えてしまう。(あくまで図の話)

この図2のグラフにさらに、文字を修飾してみたのは図3である。

円グラフ3
図3.文字修飾後インチキグラフ

今回は、BとCが同じ数字なので工作は失敗気味だったりする。これが微妙に異なる数値だった場合、Cを強力に修飾して、見る人の視線を集中させれば、他のデータのことはあまり気にならなくなるかもしれない。

まあ、今回はとりあえず、図2の話に戻ると、今、冷静に見れば、このグラフはヘンテコだなっていうのはわかるだろう.

でもね、もしも、これは夕方ごろ、例えば、夕食を作りながらだったり、夕食を食べながらだったり、その他、何かの作業をしながら、たまたま見たテレビで、こんな図が表示された場合、そこまで注意深く見ていられることができるのかい?って思うわけであります。

パッと見だと、ああやっぱり今のトレンドはCだよねー、好みとしては中途半端でもないCだよねーって思う人が出てくるかもしれない。だって、パッと見はCの方が圧倒的に大きく見えるわけだもの。(あくまで図の話)数値的には、BもCも同値なのに。(あくまで図の話)

まあ、何が言いたいのかというと、胸で判断するのはよくないっていうことと、こういうことの積み重ねで、全体の信用がどんどん悪化していくんだよっていうことですわな。

PR2

 - 窓野総研