ま総研2000(まどの総合研究所ver.5.1)

みんながみんなその物事に興味があると思っちゃいけないよという精神で綴る備忘録

タッチパネルに慣れていない人がApp storeから無料ゲームの人気10本分をやってみたときのプチメモ 窓野総研 第94回

   

つい先日、iPod touchのホワイト8Gを購入した。音楽だけじゃあ、ちょっと、もったいない気もしたので、この2012年8月20日現在のゲームカテゴリの10本分をやってみた。プレイ時間は1ゲームタイトルにつき最大でも5分ぐらいなので、もしかしたら、5分以降に面白い展開があるのかもしれないけれども、そこは見ていない。

ただ、ランキングは随時変化しているものなので、私がダウンロードした際に、TOP10だったものをやってみたのだった。

ただ、各ゲームについてどう思ったかという話はせずに、なんとなーく、こんな感じがしたっていう部分を書くのだった。

私はiPhoneを持っていないというか、スマートフォン自体を持っていないこともあって、そもそも、タッチしてワォッ!的な操作に慣れちゃいないという点を加えて書いておくと…

どうやら、私にとって、iPod touchでゲームをするときは、小指で操作することになる傾向になるようだ。正直、私はそんなに手は大きくないんだけれども、親指でタッチしようとすると、別の部分も触っちゃうんだよねえ。もっとも、小指でも、少々タッチミスもあったりするわけだが。自分が予期していないところをタッチしちゃうと、リアルタイム系のゲームはちょっと大変だ。
(追記:そもそも、私は手のひらに機器を乗せて、親指で操作したいタイプなので、そういう部分で引っかかったのだ)

で、小指を使わずにいられたのは、だいたい、英語で説明をしているゲーム。要するに日本以外の地域で作られたゲーム。1つは、重力センサーだったかなにかで、iPod touchを傾けることによって、自機が転がっていくタイプのゲームで、もう1個はパチンコの要領で玉を発射するタイプのゲーム。

これは、もしかしたら、各個人の指の大きさを考慮した上での、全世界的にユーザーに優しい作りになっているのかもしれないなと思うと同時に、オイラみたいに操作慣れしていない人は、そっちの方がやり易いなあと思うのだった。

操作慣れしてりゃあ、こんなのどうにでもなるんだろうけれども。

もしかしたら、このプチメモシリーズはレギュラー化するかもしれない。

PR2

 - 窓野総研