ま総研2000(まどの総合研究所ver.5.1)

みんながみんなその物事に興味があると思っちゃいけないよという精神で綴る備忘録

Music Lovers AKB48さんの回 2010年5月23日放送分 プチ視聴メモ

   

久々にハイパーな上から目線で語ってみる。だから、各個人、あるいは、団体のファンの人は読まないほうが幸せかもしれない。

AKB48さんの回のようでいて、対テレビ戦ではやはり強い山里さんの回。山ちゃんが機嫌よく楽しそうにしていたのが素敵だったり、小沢さんのリアルな危なさはさておき、選択肢のエスケープゾーンとしてのイケメン枠として山田さんを呼んだのは、ちょっと無理があった気がする。

現状でイケメン属性よりもおバカ属性が勝っている状況では、「イケメンなら仕方ない・まあ安パイといえば安パイだよなあ」という選択肢ではなく、「顔さえよければおバカでもいいのかコンチクショー」という選択肢になる可能性がある。

こういう別の属性が付加されている人間を、エスケープの選択肢として置くのは、あまり妥当ではないよねえと思ってみる。

さて、私が見て、AKBサイドで目立っていたと思うのは、宮澤さんと渡辺さん、そして、収録現場にはいずに小沢さんのトークの中で登場し、写真だけ映った秋元さんという状況。

宮澤さんと渡辺さんは、それぞれ小沢さんと山里さんという味方がいて、目立つ機会をもらえたのはいいとして、出ていない秋元さんが名前が出されて目立つ状況っていうのは、他の人は何してたのさ? と言いたいのであります。

今後も、対テレビ戦ができる人もだけれど、特に今後、メディア露出のチャンスがあるかどうかわからん人は、そこで何かやらずしてどうするっていう話である。まあ、カットされていたのなら仕方ないにせよ、漫然と待っていてもチャンスは来ないのであります。

事前アンケートで、男性3人側に、AKBの中で誰が好きのような選択肢があった。ここでの戦い方は、個人名を出すよりも、DDという単語を出してくる山里さんの方が、ファン同士の間での好感度はともかくとしても、人とは違うことをしてナンボの世界なんだから、この番組としては妥当である。

ってことで、AKB側に質問された3人の中で誰が好きかって話で、安パイであり、ひょっとしたら、おバカでも顔がよければいいんかい!という、ツッコミを受けそうな山田さんを選ぶのは一定数必要ではあるけれど、何かぶちかまさないといけない人は、逆張り、ここで言えば、小沢さんや山里さんの選択を視野に入れないといけない。

なんなら、赤坂さんを選ぶなり、誰も選ばないという選択をして、その理由を挙げるくらいの仕掛けもした方が、目立つ可能性はさらに高まるかもしれない。まあ、全員が全員野心家だと、逆張りが逆張りじゃなくなったり、あざとくなりすぎてもいけないし、バランスはかなり難しくはあるけれども。

ただ、メンバーたちが、おそらくはテレビ戦にまだ完全に慣れていない現状なら、仕掛けていけば、周囲から2、3歩ぐらいはリードできるかもしれない。

私の見方は、タレントとしてどうよっていう話で、アイドルとしてという話じゃないので、ファンの人は、そんなんいらんねんという考え方なのかもしれないとは思う。まあ、私は何か仕掛けてくる人の方が魅力を感じるってことだけなので。

PR2

 - 音楽