ま総研2000(まどの総合研究所ver.5.1)

みんながみんなその物事に興味があると思っちゃいけないよという精神で綴る備忘録

全てを終わらせないために ニュース語りシリーズ再開

   

備忘録681回で書いたことを、少し深く書く。

いわゆるライブアイドルのビジネスモデルを、そのまま全国展開にもってきた状態が何年も続いていたわけだ。で、今回の握手券システムは、当然の事ながら、人と人との距離が近くなってくる。

ファンが小規模の場合ならば、ファン同士の監視や牽制がある程度機能するからまだしも、それが機能しにくくなるくらいの中規模以上だと、過去の様々な事例も合わせて考えても、そりゃリスクはあるよなあと誰しも思うことだろうし、いつか何かがあるだろうと薄々思っていたことだろう。

ただ、そのリスクを口にして言ってしまうと、何か微妙なバランスで成り立っていたものが壊れそうな気もするし、何か色々な人のスイッチを押してしまいそうな気もする。そんな感じで、あえてスルーしていた部分ではあったのだ。

で、実際にその「薄々思っていた事」が起きてしまった。

AKB 襲われた川栄と入山は指骨折で手術 24歳ノコギリ男「私がやりました」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140525-00000130-spnannex-ent

今回でその微妙なバランスは崩れた。そうなると、これによって、連鎖的にスイッチを押されちゃう人が出てくる可能性や、便乗に対して、各陣営は早急に対策を講じなければいけないわけである。

そういう人を封じていかないと本当に全てが終了しかねないっていうのもあるけれど、基本的にお子さんを預かっている身なんだから、何があっても大人が守ってやらんといかんじゃろうと。

PR2

 - 芸能