ま総研2000(まどの総合研究所ver.5.1)

みんながみんなその物事に興味があると思っちゃいけないよという精神で綴る備忘録

ステレオタイプ 備忘録699回

   

こういうのは、「文学部の人間は、あらゆる事象をシェークスピアに喩えてくる」とか、「商学部の人間は、コンビニ等で物を買うごとに頭の中で仕訳をしている」とか、「法学部の人間は、ポケット六法を枕にして寝ている」というのと似たようなもんで、「異分野にこんな(変な)人がいたらいいなあという願望あるある」なんじゃないかな。

それを、面白いと思えるか、面白くないと思えるか、むしろ、その軸ではなくて何だコノヤローと思うかは、人それぞれだろうなあと。

ただ、どのジャンルの話であっても、使い勝手がいいなと思った手法や専門用語だなと思ったら、自分のジャンルにとらわれずに、どんどん使っちゃえばいいんじゃないのとは思うよ。

文系には理解不能な理系あるある ―理系の人に見えている世界とは?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140702-00004444-davinci-ent


1年前の記事(2013年7月6日)

なし

PR2

 - 旧備忘録