ま総研2000(まどの総合研究所ver.5.1)

みんながみんなその物事に興味があると思っちゃいけないよという精神で綴る備忘録

バッテリー交換前にバックアップ作業を行ったときのログ

   

新備忘録 #138にて、Macbook Air mid 2012のバッテリーを自分で交換しようかという話を出していたけれど、その前に、バックアップ取らないといけないなあと思ったので、その時のログを書いてみるのだった。

LAN接続のHDDを中身だけ外して1年ぐらいほったらかしにしておいたものを、タイムリー GROOVY 3.5 HDD CASE SATA接続3.5 HDD専用/シルバー SATA2-CASE3.5 SLに入れたのだった。これで500GBのUSB接続のHDDができあがったわけだ。

それを使って、バックアップを取りに行く分けだけれども、macの方に接続したものの、ハードディスクとしてフォーマットしてねと出たので、GUID パーティションテーブル MAC OS 拡張(ジャーナリング)で500GBフォーマットを行った。

次に、パーティション分け。

このAirさんは、だいたい90GB分をmacサイドで確保していて、残りの160GB分をbootcampとして使っているのだけれども、実際、macサイドで使用しているのは44GBぐらいでしかないので、ひとまず、HDDの方はだいたい80GBと420GBに分けるようにした。

すなわち、80GBはこのままの形式、残りの420GBの方をexFATでフォーマットすることにした。

次に、Macにて、TimeMachineでmac側のバックアップをとることにした。というか、bootcamp側も一緒くたにやるには、Wincloneか何かを買わないといけないらしいので、そんなもんやってられっかってことで、無視。

一旦、再起動。例によってOptionキーを押しながら立ち上げて、Windows8.1の方を起動。

コントロールパネルから、ファイルのバックアップのコピーの保存を行う。しかし、システムイメージバックアップをしようとするものの、ハードディスクのフォーマット形式はNTFSじゃないとダメと言われたので、しかたなく、その部分だけその場でNTFSフォーマットしなおした。

そして、バックアップ開始ののち無事終了。これでとりあえず一安心。さて、次からが本番。なのだが、例によって注意散漫スキルが自動的に発動してしまったわけで、ってことで、次回に続く。

参考:
121ware.com > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 015953:
【4.Winclone 5編】Winclone 5でBootCamp環境を丸ごとバックアップ - 雨の音が好き
Mountain Lion以降のBoot Camp領域をバックアップする WinClone 4.0 | Windows on Mac BootCampを使って MacでWindowsを動かそう
Mavericksインストール:Boot Camp環境をバックアップする方法|Mac - 週刊アスキー

PR2

 - ツール