ま総研2000(まどの総合研究所ver.5.1)

みんながみんなその物事に興味があると思っちゃいけないよという精神で綴る備忘録

アメトーーク!3時間スペシャル 2011年10月6日放送分 絵心ない芸人部分のみの視聴メモ

   

少し長くなったので、別記事にて投稿。

動物が描かれた絵のパートで、絵心ないとされる面々がだいたい共通しているのは、番組内でも触れられていた胴体と脚の境目という概念っぽい。

あと、実際に絵を描いていたシーンで、なんとなく思ったのは、先にモノを描いたり、行為そのものを描くと全体のバランスがヘンテコになるという点。

お題の1つにあった、跳び箱を飛んでいる人を描いていた陣内さんの場合、先に跳び箱、そして、次に、行為であるところの、手と脚を描いた段階でかなりヘンテコになって、さらに後で顔を描いて、なんだかよくわからない物が浮遊した絵が完成していた。

今回のお題の中にあった、(公園の)ベンチでキスをする2人だかカップルだかで、蛍原さんとケンコバさんが描いていたのを見ると…

蛍原さんは、先にベンチを書いたり、先にキスそのものを描いていたことにより、最終的に、ベンチの上に立っている2人になっていた。一方、ケンコバさんは、まず人物の顔を描いて、キスをする人たちの全体像を描いた後で、ベンチを付け足して、バランスをとっていて、実際にバランスがとれていた。

ああ、結局、そういうことなんだなあと、ちょっと納得した瞬間だった。

PR2

 - バラエティ