ま総研2000(まどの総合研究所ver.5.1)

みんながみんなその物事に興味があると思っちゃいけないよという精神で綴る備忘録

WordPressでソースコードを表示するプラグインなるものを導入したというメモ

   

今後、干支1周ぐらい前にちょっとだけ勉強した記憶があるC言語を学びなおそうという意図を含めつつ、この表題の通りのことをしてみる。

参考にしたのは以下のページ

KUMAOのPC備考録:WordPress ソースコードを表示するプラグイン[SyntaxHighlighter Evolved]
ごすてっぷ:作業時間も短縮!WordPressでコードを表示するプラグイン
茂吉のWeb学習録:Wordpressでソースコードを綺麗に表示するプラグインSyntaxHighlighter Evolved

どうやら、[言語名]ソース[/言語名]という形で、ソースが綺麗に表示されるらしい。らしい、ということなので、私はまだ、この記事を書いている時点では試してはいないのだ。

ちなみに、CだったりC++だったりの場合は、言語名はC++とするようだ。
(追記:そうじゃなくて、カッコの中にc language="++"というものを入れないといけないようだ。そして、締めの方はカッコの中に/cを入れる。)

で、試しに書いてみた。

一応、Visual C++ 2010 Expressにてコンパイルは成功した文を、今回のルールに従ってこの記事に乗せてみた。(この記事をアップロードする段階では、このプラグインが機能しているかどうかわからん)

ちなみに、Visual C++ 2010 Expressについて、参考にしたのは、太田研究室:Visual C++ 2010 Express プログラミング入門:

[c language="++"][/c]
#include

int main(void)
{
puts("Hello World!");

return 0;
}
[/c++]

そんな感じでいいのだろうか、とりあえず、上手く表示されていればラッキー。

追記:これでは上手くいかないようだ。
[c language="++"]
#include <stdio.h>

int main(void)
{
puts("Hello World!");

return 0;
}
[/c]

これならどうだろう。上手くいったか?

PR2

 - WordPress