ま総研2000(まどの総合研究所ver.5.1)

みんながみんなその物事に興味があると思っちゃいけないよという精神で綴る備忘録

あるディレクトリに入れたWordPressを、別ディレクトリで表示させてみたときの覚書

   

エックスサーバーにWordPressを自動インストールしてから少しだけ触ってみたときの覚書の続き。

WordPressアドレスが、http://www.example.com/hoge だった場合に、サイトアドレスとしては、http://www.example.com/piyo としたいと思って、ちょっとやってみたときの覚え書きになる。

なお、ここから先は hogeを(本体の場所)と書き、piyoを(表示場所)と書く。っていうのは、hogeとかpiyoとか、パソコンの大先生ならわかるのかもしれないけれど、こっちはそんな書かれ方しても混乱するだけなんだよ!

ってことで、作業開始。

index.phpの中身を触ってみよう

一般設定から、サイトアドレス (URL)を、http://www.example.com/(表示場所)に変更した。

次に、再び設定したFileZillaを使って、(表示場所)のディレクトリを新規作成。

http://www.example.com/(本体の場所)の中にある、index.phpをダウンロード。任意のテキストエディタ(今回は、miを使った)を使って開いてみると、謎の呪文が書かれてあった。

その中でも、
require( dirname( __FILE__ ) . '/wp-blog-header.php' );
という部分が、何かを要求している気配。

ってことで、文明の利器であるところの、検索開始。

検索結果から判断して行動

Giving WordPress Its Own Directory « WordPress Codex
PHP]require(require_once)するときは必ず絶対パスを使いましょう - DQNEO起業日記
PHP: 自動的に定義される定数 - Manual
代継のウインドアバフト社長ブログ PHP dirname(__FILE__) .

を見てみる。ほう。

何か要求したいのなら絶対パスでやれよとか、その絶対パスを返してくれる呪文があるよとか、色々を見た結果、くだんの部分を

require( dirname( __FILE__ ) . '/../(本体の場所)/wp-blog-header.php' );

に変更したものを、(表示場所)のディレクトリに入れるのだった。

index.phpを持ってくるのは本体から、弄ってアップロードする先は表示場所へ。ってことである。

やっぱり.htaccessにも触れないといけないのか

サイト確認、http://www.example.com/(表示場所) を見に行くと、そこは、プラグインを使ってUnder Construction を表示させている状態。

元々は、ログインした人間は、本体のページを見る事ができるものなんだけれど、おそらく、この手の設定変更をすると部外者と思われてしまうのだろう。さすがに、プラグイン編集を行うのは面倒なので、今後は、Under Construtionの出番は無いかもしれない。

Under Construction のプラグインを停止させて、表示されたトップ出て来たサンプルページへと行こうとすると、Not Found。こりゃ、何かしないといけないようだ。

ということで、一旦、パーマリンク設定のページへ、なんとなく、変更を保存を押してから、パーマリンク設定ページの下の方がある、「.htaccess ファイルに mod_rewrite ルールを書き込む必要があります」の部分を読む。

ああ、やっぱり、このファイルがいるのか。

WordPress を専用ディレクトリに配置する - WordPress Codex 日本語版
Giving WordPress Its Own Directory « WordPress Codex

を眺めつつ、パーマリンク設定のページに表示されているmod_rewriteにまつわる呪文をコピペして、.htaccessファイルとして保存。(表示場所)のディレクトリの中に入れた。

そして、動作確認。ちゃんと見えるようになりましたとさ。やったね。

PR2

 - サイトカスタマイズ