カテゴリー
備忘録

空前の通帳記帳ブーム到来か

みんながみんな、ネットで口座の残高確認ってやっているわけじゃないのよ。サブのサブみたいな口座だったら、年1回だけ紙で記帳するとか、なんなら10年に1回記帳しておけばいいやという人だっているかもしれないわけですわ。休眠口座スレスレを回避する目的でね。

というわけで、もしかしたら、一連の問題から記帳ブームがくるかもしれんわなと。

だいたい、こういうややこしいことになるから、ネットバンキングそのものを信用していない人たちもいるわけでねえ。

3年半ぐらい前の記事(2017年1月分)

あけましておめでとうございます 30日遅れ (新備忘録 #257)

カテゴリー
備忘録

毎年6月から秋にかけての、いつもの自然災害もあるんですよと

最低でも5月末ぐらいまでにはコロナ禍を抑えないといかんじゃないかと。5月末までに少なくしておかないと、6月からは、ここ日本においては自然災害がやってくる可能性があるわけですよと。大雨と台風は多分やってくるし、ゲリラ豪雨だってくる可能性もあるわけですよと。

もし、コロナ禍があまり収まっていない状況で、いつもの自然災害による被害を受けた場合、三密にならない程度の避難場所ってどこなのよと。そもそも、その際、救急機能は確保できているのかいなと。さらに、インフラそのものも機能しているんですかと。

いつもの自然災害が、いつも以上の脅威になる可能性が高いんだから、日本は5月末までにどうにかしないと厳しいことになっちゃうんだよと。日本の人口減少の原因が、コロナになるか、経済になるか、いつもの自然災害になるかという、2択から3択になっちゃうんですよと。

で、どうにかするには人の動きを抑えないといかんというので、いわゆるヘリコプターマネー的な話も出ていているわけだ。そりゃ、お金あげるからじっとしてくれという、ものすごくわかりやすい話ではある。でも、正直、10万円はありがたいとは思うけれど、それでは人の動きはなかなか止まらないよなあと。新卒の初任給3ヶ月分くらい出しますとなれば、じっとしている人は増えるだろうけれど、緊縮の呪いの環境では、まあ出さんやろうなあ。

3年ぐらい前の記事(2016年12月分)

メモ帳にかいたことを写すだけの大晦日 (新備忘録 #256)
スーパーマリオラン ぷちプレイメモ
Googleの2016年の検索ランキングをうっすら眺めてみる回(新備忘録 #255)
いろいろな更新などの自分用ログ(新備忘録 #254)
更新の季節(新備忘録 #253)

カテゴリー
備忘録

今こそバイバイン必修化を求めたい

昨今では、正しく怖がることが求められている。正しく怖がるためには、ある程度の知識が必要だ。その知識の中で、2020年においてコロナ感染の広がりの話で関連してくるものとして、知っておきたいのは指数関数だろう。

指数関数といえば、例えば、yは2のx乗ですよというときに、xが2のときはyは4。xが4ならyは16、xが8ならyは256、xが16ならyは65536、xが24ならyは16777216になるという話である。xの増え方にくらべて、yはやたらとでかくなるよねという話である。

「xの増え方にくらべて、yはやたらとでかくなる」という話を、今みたいに数字で見せられたり、マスコミや広報官などによってグラフとして見せられたとする。当然、数字やグラフを見た時点ですんなり理解できる人もいるだろうけれど、中には、話はある程度わかるものの特に実感がわかない人もいるかもしれない。

なので、実感がわかない人のためにも、その指数関数の話を、栗まんじゅうに置き換えてわかりやすく示しているドラえもんのバイバインの回を必修化すべきではないだろうか。必修化することで、正しく怖がるための知識を1つでも獲得することができるのではないでしょうかと。

3年半ぐらい前の記事(2016年11月分)

第67回紅白歌合戦の出場歌手についてあーだこーだ言うの巻 白組編
第67回紅白歌合戦の出場歌手についてあーだこーだ言うの巻 紅組編
拾いにくいもの(新備忘録 #252)
ガラガラポン(新備忘録 #251)
いいわけ(新備忘録 #250)

カテゴリー
備忘録

何個観測気球を飛ばすのか

正直、先週金曜の夕方あたりに緊急事態宣言をするのかなあと思っていたのだけれど、予想が外れた。ここまでお膳立てが整っていて、なんで土日を挟んでしまったんだろうかというのが、めっちゃ疑問だったりする。

この投稿時間帯におけるニュースという名の観測気球の上がり方からすると、まあ、そういう流れなんだろう。でも、この日数のズレはかなりまずいんじゃないのかと。というか、何個気球を飛ばせば気が済むのやらと。

2年半以上前の記事(2016年9月分)

今後の計画用メモ(新備忘録 #249)
サイクル(新備忘録 #248)
ゲームのパラメータ(新備忘録 #247)

カテゴリー
備忘録

初動ミスってこわいねー、でももっと怖いのは

今回の防衛ラインは相手の素性を知っていたかどうかという部分です。なので、そこは何がなんでも否定して、他の部分ではゴメンチャイしておくべきでしたね。これは誰しもが思う、ごくごく当たり前の防御の判断でしょう。

その当たり前の判断にすら届かないというのは、ぶっちゃけよしもとの初動ミスです。

なんなら、内部調査名目でまずは軽めの謹慎という状況にすれば、各々のラジオでそれぞれが特に統一見解もなくバラバラに話すこともなかったでしょうに。

とはいえ、一番怖いのは、この手の判断すらろくにできない人たちが、政商に片足つっこんでいる状況にいるっていうことなんですよ。ぶっちゃけ悪夢なんだよなあ。

2年半以上前の記事(2016年8月分)

結局何を救うのか(新備忘録 #246)
魔法は既に解けていた(新備忘録 #245)
あれはだいたい28年くらい前(新備忘録 #244)
口と心は別腹(新備忘録 #243)