ま総研2000(まどの総合研究所ver.5.1)

みんながみんなその物事に興味があると思っちゃいけないよという精神で綴る備忘録

第65回紅白歌合戦の録画視聴メモ(重箱の隅モード) 前半戦

   

早回しで取り急ぎ前半戦を見てみた。なんとなく思ったところを色々と書いた。特にとりとめもなく書いているので、そうとう適当である。あと、曲目等を色々と飛ばしているのには特に他意はない。なお、まだ後半戦を見ていないので、後半で何かが起きていたとしても、まだわからない状況である。

ってことで開始。OPからちょっとしてからの有働さん登場。と思っていたら、その後ろにやけに背の高い色っぽい人がいるなあと思ったら、椎名林檎さんだった(多分)。わしゃ、背の高い人が好きなんじゃあ。

1組目で指原さんに色々と喋らせるターンがあったけれど、なんだかんだで今年も、指原さん頼りの状況は継続していくんだろうなあと。しみじみと。

Sexy Zoneのターン。結局、5人ってことでいいのねというのはさておき、NHKにしては、YAMAHAのロゴを見せすぎじゃないのかなあと。昔ほど厳しくないのね。

やっぱり。AAAの西島さんがきれいだわ。わしゃ、綺麗な顔が好きなんじゃあ。

NHKにウィスパーさんが登場。歌のはじめのちょっと前にまるのサインを出す腕が映るのはいいとして、なんだかんだで、Dream5自体もNHKが絡んでいたから、種を蒔いて収穫の時が今だったんだろうなあと。

OPのトークもさることながら、やけに徹子さん推し。なんか意図があるのかな。

福田こうへいさん、比較的若くて声も通るっていうのはやっぱり武器やねえと思いつつ、例のイカの出現。コント番組の企画が動いているのか。ってことは次のシーズンがあるのかな。

SKE48は正直、松井玲奈さんを注視している感じになっていた。あと、NMB48に、柏木さんを呼んじゃうのは、さすがにそっちに集中しちゃわないかなあと。

藤あや子さんのターンにてふなっしーさんの登場、そろそろ洗濯した方が(風呂に入った方が)いいぞ。

「カープに黒田が帰ってくる」というアキヒトさんによる情報はともかく、やっぱりアポロは良い。

紅白の隠れレギュラーのコロッケさんと、ひょっとしたらレギュラー化するのかどうかわからない見切れるイカさん。

クリス・ハートさんのところで、マッサンの宣伝ターンになるっていうのは、ちょっと意外な展開だった。というかちょっと強引か。

謙譲語を使おうとしてミスって、「踊らされている」三宅さんという、奇跡のフレーズに大変身。

開始から52分にして、有働さんの本格的な投入。3曲続けてどうぞの事態へ。

いつの間にかレコ大を取っていた三代目J Soul Brothers。後ろの電飾隊に誰か混じっているのかと期待したんだけどなあ。

関ジャニ∞の村上さん。セットの影にうっすら隠れているという細かい演出。多分、時間があれば、その下りもあったのかなあと。

と同時に、桃組の人がどうのこうのというミニコント。さっきの郷さんのときもそうだったけれど、日村さんってやっぱり万能だよなあと。

なお、香西かおりさんのところでも、見切れるイカ。細川たかしさんは、もう何がとは言わないけれど、もう色々と面白いぞ。

天童よしみさんのターン。例の揉め事がらみで無いかと思ったけれど、やっぱ好きやねん。ちなみに、応援うんぬんは、新・たかじんが来るぞ時代の話やね。

ウィスパーさん再び。安定のサクラップはさておき、アラシニャンはちょっと展開を考えてもいいかもしれないくらいアリだぞ。それはそうと、やっぱりmotsuさん…じゃなくてゲラッパーさんすげえ。

坂本冬美さんの応援としてのももクロ。緑はインフルエンザで病欠ってことで、緑のたすきって多分、そういうことやね。

森進一さん。例の歌詞ってそうだったよねってことで、大方の予想どおり、細貝さんと朱美ちゃんが登場。NHKの紅白演出のいつもの感じよりは、話の流れがやけにスムーズだったなあ。

前半トリ。あの頃は「ハッ」が、世間の共通認識になっているっていうのは、吉村明宏さんってなんだかんだあっても、やっぱり偉大だったと思うよ。

V6は、ただただ坂本さん、さすがやなあと。

とりあえず、流し見で前半終了。後半も気が向けば書く。

*追記*
後半戦メモは、第65回紅白歌合戦の録画視聴メモ(酔いどれモード) 後半戦でどうぞ

PR2

 - 音楽