ま総研2000(まどの総合研究所ver.5.1)

みんながみんなその物事に興味があると思っちゃいけないよという精神で綴る備忘録

週刊AKB 春の体力測定・後半戦 2010年5月14日放送分 プチ視聴メモ

   

前回の感想でも書いたけれど、この手のスポーツネタは、極端にできる人、極端にできない人、そして、目立ち方を考えて実際目立てた人の3タイプが、今回の企画の勝者。

今回、柏木さんが「平均オブザイヤー」みたいな、言葉の意味はよく分からんがとにかくすごい自信のあるフレーズをぶっこんでいたけれども、こういう工夫で実際、極端グループと同じくらいテレビに映っていたわけであります。

中途半端だと埋没するということを知った上で、こういう工夫をしてくるのはすばらしいのであります。埋没しかねない状況からでも、ちょっとの工夫で、今日の30分の主要人物の1人になることができるということも、合わせて言いたいわけであります。

ってことで、この番組は演者の行動が多少あざとくても、まあいっかという感じになっているようなので、埋没したくないのなら、もっと積極的に仕掛けてもいいんじゃないのと、ちょっぴり思ってみた、春の空。

PR2

 - バラエティ