ま総研2000(まどの総合研究所ver.5.1)

みんながみんなその物事に興味があると思っちゃいけないよという精神で綴る備忘録

今更Plague Inc.をiPadで遊んだときのゲームプレイメモ7

   

今回は3種についてまとめて書く。といっても、プレイしたのは、今から1ヶ月前の話。前回のプレイメモ6で投稿した時期ぐらいですね。なので、変異という名のアップデート前の版なので、もしかしたら、この方法論は陳腐化している可能性があるので注意。

「ぱらサイトウ」の場合

Normal、ATPブースト、テラサイト、世界最大の島スタート。この種の固有スキルは、共生スキル。どうやら、気づかれにくくなるらしいけれど、このスキルは、いつものステルス作戦では、あったところであまり意味が無いようだ。ちなみに、感染によるポイントは少し取りにくいシナリオらしいのだが…

ってことで、早送りしつつ、いつものステルス作戦でいくと、特にポイントが取りにくいと感じる事もなく、922日、13,120点でクリアという、特に何も語る事も無い展開へ。

「ぷりおジイサン」の場合

normal、ATPブースト、テラサイト、世界最大の島スタート。固有スキルは、発見・治療が難しくなる、神経萎縮。なんというか、これも、いつものステルス作戦では、なーんの意味もなさそうな気配。

結果、1,042日、12,890点でクリア。

Normal編でのステルス作戦はこんな感じ

変異を抑えつつ、初期の段階で、空気2と、薬剤耐性1と、できれば高温耐性1をとっておいて、世界最大の島の3/5ぐらいに広がったぐらいで、水1をとって、あとは、水2、エアロゾル、高温耐性2を手に入れて、血液1、家畜1を取得。

必要であれば、昆虫1や、薬剤耐性2をとって、全世界拡大したところで、ポイントを60(50くらいでもいいかも?)ためて、症例を上の真ん中からCの字か逆Cの字を描くように追加。あとは、流れで追加していけばよいというやり口である。

ただ、このやり方は、初期段階でCure開発が進んでしまうやつや、スキル退化のコストがどんどん増えていくものや、そもそもHard以上だと多分きつい方法になるよねってことで、ああ、こいつの出番だ。

問題の「なのなのちゃん」で立ち往生

「なのなのちゃん」、Normal、ATPブースト、テラサイト、遺伝子擬態で世界最大の島でスタート。

固有スキルは、コード断片妨害と過激分子安定化。正直、このスキル、今回の試技では、ちょっと何がなんだかよくわからなかった。

初手で、空気1付加。しばらくするとヒント。どうやら、こいつは、研究所から逃げ出した種らしく、最初からCure開発が始まっているらしい。ってことで、よくよくCureのゲージをみたら、すでに5%。うわぁ、これは、ステルスじゃあどうにもならないじゃないか。

早速、固有スキルを2つとも使ってみる。うん、何がなんだかよくわからない。なんとなく、Cureの開発速度がゆっくりになったり、減少したりしている気がするけれど、その効果がどうなのかさっぱりわからない。水1追加しているうちに、3ヶ月くらいで、Cure25%達成。

ってことで、薬剤耐性だの遺伝子強化だの改造だのをやってみても、固有スキルを付けてみても、そもそもの方針が多分ダメなようで、どうにもならない。結果、879日にして人類の勝利。

ちょっとした反省会

ということで、どうやら、こいつは、世界最大の島からのNormalステルス作戦では厳しい模様。やっぱり、砂の王国か、in ガンダーラで、どうにかするなり、失敗ゲームプレイメモ2のペストシナリオや、ゲームプレイメモ5の「ばいらすサン」での、方法論を練ってからやった方がいいのかなあ。

申し訳程度の次回予告

といいつつ、アップデート版にて、やってみたのは、バクテリアで、Hardステルス作戦(世界最大の島スタート)が通用するのかどうかというもの。はてさて結果は。

PR2

 - Plague Inc.